お葬式の言葉

お葬式には使ってはいけない忌み言葉が数々あります。これは、昔から日本では言霊と言って言葉には不思議な霊力があると考えられてきたからです。まず、避けなければならないのは不吉な言葉です。これには消えるや、落ちるなどがあります。数字の四、九、とんでもないなども使わない方が良いのです。次に重なる言葉も良くありません。例としてはいよいよ、たびたび、重ね重ね、再々、ますますなどがあります。そして不幸が続くことを連想させるような言葉もいけません。繰り返し、続いて、再三、追ってなどです。また、死を直接意味する言葉は使いません。死なら逝去にしますし、生きているときならお元気な頃のようにと言い換えます。

宗教上の違いから使用しない方が良い言葉もあります。通常よく使われる言葉としてご冥福をお祈りします等がありますが、これは仏教上の用語なので、キリスト教や神道のお葬式では使いません。この時は哀悼の意であるとか、安らかに眠るなどのように言い換えましょう。また、往生、成仏も仏教用語です。日本ではどうしても仏教のお葬式が多いためにこれらの言葉を何気なく使ってしまうことがあるのですが、仏教以外のお葬式の時には十分注意しないといけません。往生、成仏共に往生して仏になる、死後仏になるという意味です。また、天国や召されるなどはキリスト教では使用可能ですが、それ以外では使いませんので注意しましょう。

これまで述べてきた以外にも、忌み言葉ではないがなるべく使わない方が良い言葉というのがあります。まず、お悔やみ申し上げます、という言葉は避けた方が良いです。これは宗教にもかかわってきますが、死を悲しむべきものと考えていない人々も多く存在するからです。キリスト教はそうですし、仏教においても死は永遠の別れを意味しません。お悔やみという言葉は誰もが安直に使いがちですが、実は使わない方が無難な言葉です。また、安直な励ましの言葉はやめた方が良いでしょう。頑張ってという言葉や、しっかりしてなどが当てはまります。これらの言葉はかえって遺族を傷つけることになりかねませんので注意しましょう。