お葬式のマナー

お葬式には様々なマナーがあります。まず服装です。一般的には喪服着用とされていますが、平服でも構わないこともあるのです。これはどういうことかというと、最も大切なことは故人への哀悼の念を表すことなのだということです。遺族でないならば、通夜であっても告別式であっても派手ではなくて地味であれば喪服でなくても構わないのです。喪服は本来遺族あるいは近親者が喪に服していることを示すために着るものです。そのため、一般参列者の場合は、喪服がない時は平服でも大丈夫なのです。ただし平服の時には男性なら黒のネクタイ、黒の靴、女性は地味なスーツかワンピースに黒の靴にしましょう。基本的にアクセサリーは外すことになりますが、パールのネックレスなどは許されます。

次に髪型ですが、まず気を付けなければならないことは髪色です。お葬式は急な出来事ですので大抵のことは問題ないとされていますが、あまりに明るすぎる色の場合は染め直した方が良いでしょう。また、香りのきついシャンプーやリンスは避けます。これは香水も同様で、故人を偲ぶ会ですのできつい香りはやめましょう。汗や体臭がある場合は制汗スプレーや消臭スプレーなど匂いを消すものもありますので、それを使用するのも良いです。そして女性の髪型ですが、さりげなくまとめる感じに仕上げます。あまり派手な髪型は避けましょう。もし髪をゴムで止めるのなら、ゴムの色は黒にしてください。

お葬式では当然ハンカチが必要になりますが、これにも注意が必要です。男女ともに大きな違いはないのですが、基本的には派手な柄のものは持っていかないようにします。カジュアルすぎるものも避けましょう。まず、男性の場合は黒か白が一番良いです。それがない時にはダーク系の色で無地の物を選びます。女性も白か黒の無地が一番ふさわしいです。ただ、柄が入っていてもワンポイントの刺繍程度なら問題ありません。素材としては、タオル地の物は避けます。これはいくら白か黒でもカジュアルになってしまうからです。